しそ巻ができるまで

香り巻とかしそ巻って何? という方のために

しそ巻ができるまで

松田屋のしそ巻ができるまでを公開します!さっそく工場へ入ってみましょう!

工場へ潜入

もちろん防犯対策ばっちりセコムしてます。
※注:営業時間中の従業員はセコムされません


まずはみそを作る工程を見学させてもらいます。

材料を全部大がまに入れて練ります。
人がオフロ代わりにできそうな大きさのお釜です。

みそ釜
みそ練り当番さんのコメント
「みその色、固さがいつも一定になるようにしています。」
「みそがダマにならないように練ります。」

ねりねり
みそ練り中
左下の手は、写真に入りたい本日のみそ練り当番です。


20分以上練っていい感じに。
お釜から容器に移し替えます。
詰め替え
みそ練り当番さん、よそ見してこぼさないように。

完成!
お釜から出たてで、ほやほやと温いです。
みそ完成

異物が入らないように、素早くフタするのも忘れずに。
ふたをします


みそができたので、次は製造部に移動です。

巻屋
みんな真剣に香り巻を作っています。

見学したいです
ちょっとのぞかせてもらってもいいですか…?


まずは香り巻から見せてもらうことにします。
松田屋のしそ巻には、大きくわけて2つの種類があるのです。
こちらの香り巻は、緑の大葉でみそをくるんで、油で揚げたもの
黒い志そ巻に比べて、サクサクと食べやすいです。

さっきのみそを、みそ皿に取って、各巻き人さんの机にセット。
みそ皿


大葉を広げたら、へらでみそをすくって葉の上に。
ちなみに大葉は国産のものを使用しています。
工程1

くるくるっと巻いて
工程2

串に刺していきます。
工程3

規格の数を串に刺したら、よぶんな葉をカット。
工程4

決められた範囲内の重さになっているか、秤にのせてチェック。
工程5

このように、香り巻の巻き作業は全てが手作業です。
しかし、みんなスゴイ速さで巻いて刺してカットしてます。
しかも重さが一定!
みそをすくってるのは、へら一本なのに!


こうして見ている間にも、次々と香り巻が作られていきます。
香り巻1次工程完了


次は志そ巻の製造工程を見学。
赤しそでみそを巻き、焼いて仕上げます

香り巻に使っているものと大きさを比較してみました。

 青しそ葉 赤しそ葉
志そ巻用の方がずいぶん大きいです。

志そ巻の方は香り巻と違って、葉が塩漬けになってて柔らかいので
機械で製造することができます。

まずはラインにしそ葉を広げてセット。
しそ工程1

ライン上でみそを乗せられ丸められ。
しそ工程2

山のように積もっていきます。
しそ工程3

拡大。キャンディに似てる・・・
しそ工程4

こちらも押し切りで端っこをカット。
しそ工程5

この端っこカットと串刺し作業は人がしなければなりません。
端っこ切るのも職人ワザです。
シロウトが切るとぼそぼそになります。
この押し切りを研ぐのも職人ワザ。
ベテラン職員が自ら研磨しています。


串に刺されて、香り巻同様にバットに並べられていきます。
志そ巻1次工程完了


一次加工された物は、今度は松田屋第2工場に移動します。
第2工場


香り巻の揚げ工程から見学。
バットに並べられてやってきた香り巻たちを、1本1本、網コンベアにのせていきます。
揚げ1
工場責任者のコメント
「製品が規格に沿っているかチェックして、ダメな物は外しています。」
「油は大変高温なので、やけどしないよう気をつけています。」



ずんどこずんどこ。
揚げ2

油に入りまーす。
揚げ3

ぶくぶく。
揚げ4

カラっと揚がって出てきました!
揚げ5

出てきた香り巻を迎え撃つのは
揚げ6

秘伝のタレ。
わかりにくいですが、上から吹き付けてます。
揚げ7

また1本1本、人の手でバットに上げられていきます。
揚げ8

これで完成です!
揚げ完成

志そ巻は、こちらの焼き機で焼きます。
志そ巻は特殊機械を使う工程が多くて、お見せできない部分が多いのが残念です。
焼き機



そして最終工程、包装出荷部へ。
包装部

先ほど揚げられた香り巻がそれぞれの形態に包装されていきます。
 ラップ包装 ラップ包装ラベルラップ完成 
 ピロー包装ピロー機械 ピロー完成 
 業務用詰め作業業務用  

こんな感じで箱につめられバンドをかけられトラックに乗るのを待ちます。
待機中
出荷責任者のコメント
「異物が入らないように、衛生管理には特に気をつけています。」
「賞味期限などの印刷内容もチェックしています。」


運送会社さんが集荷に来てくれました。
無事にお客様の元まで届きますようにと、祈りを捧げて見送ります。
集荷


いかがでしたでしょうか。
商品1パックを作るのにも、こんなに工程があるんですね。

どの部署も、お客様においしく召し上がっていただくために
日々がんばって作業しています。
商品を見かけたら、ちょっとでも思い出していただければ励みになります。

これからもマツダ食品をよろしくお願いいたします。
おしまい